永久脱毛

フェイス脱毛したいけど、肌トラブルが心配!フェイス脱毛のメリット・デメリットを検証

フェイス脱毛をうけたいけれど、肌トラブルが心配だという人もいるでしょう。肌が弱い人は普段から化粧品などにも気を使っているかもしれません。フェイス脱毛の効果は個人差があると言われており、初めての場合はなかなか勇気が出ないこともあるでしょう。

顔には実はたくさんの産毛が生えています。顔に産毛が生えたままだと気になりますし、化粧ノリも悪くなるので定期的に処理している人も多いでしょう。しかし、フェイス脱毛を受ければ自己処理の手間を省くことができます。

また、自己処理による肌への負担を軽減することができるため、毛穴を引き締める効果やキメが細かくなるなどの効果も期待できるでしょう。さらに、肌が明るくなるので若々しい印象を与えられるようになります。

フェイス脱毛はエステサロンやクリニックなどの医療機関で受けることができます。エステサロンでは主に光脱毛が行われているのですが、光脱毛で使われている光は美肌効果も期待できるとされています。

フェイス脱毛をうけても毛穴が無くなるというわけではないのですが、毛穴が引き締まるので汚れが少なくなります。毛穴の汚れが少なくなると雑菌が増殖しにくくなりますし、結果的にニキビや吹き出物などを減らすことにも繋がるでしょう。

肌トラブルを予防することはもちろん、美肌効果も得られるということで人気が高くなっています。フェイス脱毛を受けると肌への負担が減ることもポイントです。カミソリを使うと肌の表面を削ることになりますし、乾燥や肌荒れなどの原因になってしまうこともあります。

肌が敏感な人は特に肌トラブルが起こりやすいため、綺麗な肌をキープするためにもフェイス脱毛がおすすめです。ニキビなどの肌トラブルがあってもフェイス脱毛できるのかどうか気になっている人もいるでしょう。

ちなみに、エステサロンやクリニックでは肌トラブルがある場所は避けて施術を行ってもらえます。テープなどで保護してくれるところもありますし、さらなる肌トラブルが起こってしまう心配はないでしょう。

しかし、ニキビのある部分の脱毛を考えている場合、先にニキビを治してから脱毛を受けた方がおすすめです。

顔の産毛が気になる!

顔のムダ毛というのは産毛程度なのですが、近くで見ると気になってしまうこともあります。眉毛や口周りはしっかり手入をしていても顔全体の産毛については気にしていないという人も多いでしょう。

しかし、産毛は顔全体に生えていますし、試しに剃ってみたら驚いたという人もいます。産毛は白っぽいのですが、よく見ると薄く色がついています。そして、産毛によって顔に影ができてしまうため、産毛が生えていると顔全体がくすんで見えてしまうのです。

顔の産毛が気になるなら正しいケア方法を知っておくと良いでしょう。産毛が無くなるだけで肌が綺麗になりますし、化粧ノリが良くなるという効果もあります。顔の産毛はカミソリやシェーバーなどで処理することもできます。

しかし、間違った方法で処理すると肌トラブルが起こってしまうこともありますし、以前よりも産毛が濃くなってしまうこともあるのです。一度肌トラブルが起こってしまうと元の状態に戻すことは難しいため、正しいケア方法を知っておきましょう。

顔の産毛を自己処理するのが難しいという場合、エステサロンやクリニックでフェイス脱毛を受けるのがおすすめです。

フェイス脱毛をうければ化粧ノリが良くなりますし、化粧崩れしにくくなることや肌が明るくなるなどのメリットもあります。また、ニキビの予防にも効果があるということです。ニキビが気になっている人もフェイス脱毛を受けると良いでしょう。

エステサロンやクリニックの脱毛は1回では完了しないのですが、自己処理よりは手間がかかりません。定期的に通うことで顔の産毛をしっかり無くすことができるでしょう。

顔の産毛を自己処理したいなら肌への負担が少ない電気シェーバーを使うのがおすすめです。電気シェーバーならカミソリとは違い、刃が直接肌に当たることはありませんし、肌トラブルをリスクを下げることができるのです。

ちなみに、毛抜きは肌に悪いので使わない方が良いでしょう。毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと毛穴が広がって目立ってしまうことがあります。また、そこから雑菌が入って炎症を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

フェイス脱毛をすると肌が変わるって本当!?

フェイス脱毛は手足やVIOに次いで人気があると言われています。フェイス脱毛をすると肌が変わるということですが、詳しい効果について知っておくと良いでしょう。フェイス脱毛にはまず、ニキビを予防する効果があるとされています。

ニキビは毛穴に詰まった皮脂やメイクなどの汚れが原因とされています。それらをエサにしているアクネ菌が毛穴の中で増殖することにより、ニキビができてしまうということです。

これは増えすぎたアクネ菌を処理するために炎症や化膿が引き起こされた状態であり、体の免疫システムが働いていると考えられています。そのためニキビを予防するためぬは毛穴に汚れが詰まらないようにすることが大切です。

顔脱毛をすると産毛が無くなるので毛穴が引き締まりますし、汚れが詰まりにくくなるのでニキビもできにくくなるでしょう。産毛が生えているとその分だけ毛穴が広がって目立ってしまいます。

また、日本字は肌が黄色なのに産毛は黒いので毛穴が目立ちやすいと言われています。カミソリで産毛を自己処理することもできますが、顔の皮膚はデリケートなので頻繁に自己処理をすると赤みなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

たまにしか処理しないと毛穴が目立ってしまうため、フェイス脱毛で産毛を毛根から無くした方が良いでしょう。フェイス脱毛を受ければ毛穴が目立ちにくなりますし、毛穴が引き締まることで綺麗な肌に近づいていきます。毛穴は老化による細胞の衰えやハリが低下したことによって開きやすくなるとされています。

フェイス脱毛をうければ光によって肌細胞が活性化されますし、肌を若返らせることができるでしょう。結果としてたるみが改善されますし、毛穴も引き締まって小さくなるということです。また、フェイス脱毛にはターンオーバーを促進するという効果もあります。

ターンオーバーが促進されることでメラニン色素がきちんと排出されるようになりますし、シミの予防や改善効果を期待できるでしょう。そのためシミで悩んでいる人にもフェイス脱毛がおすすめです。

でも心配なのは肌トラブル…。

顔の産毛が気になっており、フェイス脱毛を受けたいという人も多いでしょう。しかし、顔はかなり目立つ部分なので肌トラブルが心配な人もいるかもしれません。顔の肌は他の肌よりもデリケートなので丁寧にケアする必要があります。心配な場合は万が一肌トラブルが起こってしまった時の対処方法について知っておくと良いでしょう。

フェイス脱毛で施術した部分が赤くなってしまうことがあります。これは光やレーザーによる熱が原因であり、肌が火傷による軽い炎症を起こしていることが原因です。

フェイス脱毛で赤みが出てしまった場合、まずはしっかり冷やすようにしましょう。施術後はしっかり冷やして紫外線を浴びないようにすることが大切です。赤みについてはそこまで長引くわけではありませんし、1日~数日程度で治まるでしょう。

ちなみに、クリニックでフェイス脱毛を受ける場合、施術後のケアで使うためのクリームを処方してもらえることもあります。クリームは無料でもらえることもありますが、有料のところもあるので相談してみましょう。フェイス脱毛によって火傷になってしまった場合、すぐに対処してもらう必要があります。

施術後すぐに症状が出た場合は問題ないのですが、しばらくしてから火傷に気付くこともあるでしょう。その場合は施術を受けたエステサロンやクリニックに相談することがポイントです。

火傷の部分がかさぶたになってしまうこともありますが、無理に剥がそうとしたり触ったりするのは良くありません。その部分が痕になって残ってしまうこともあるので注意しましょう。

フェイス脱毛は肌に高熱を当ててムダ毛を処理していくという施術であり、肌の乾燥が気になってしまうこともあります。乾燥によって痒みなどが出てきてしまうこともあるため、しっかり肌を保湿するようにしましょう。

施術後の肌はデリケートな状態になっているため、肌に負担となるような成分ができるだけ入っていない化粧品を使うことが大切です。なるべくシンプルな保湿ケアを心がけるようにしましょう。

フェイス脱毛をする時に気を付ける事

フェイス脱毛を受ける場合、注意点についても知っておくと良いでしょう。フェイス脱毛をうけている時はできるだけ日焼けしないように過ごすことが大切です。日焼けしてしまうと脱毛マシンの光に肌が耐えられなくなり、炎症や火傷などが起こってしまうことがあります。

顔にそのような肌トラブルが起こってしまうと目立ちますし、きちんと日焼け対策を行いましょう。また、日焼けした直後は施術を受けられないことも多いため、フェイス脱毛に通っている間は日焼けに注意が必要です。

また、ピーリングというのは肌表面にある角質を無理矢理剥がすことになるため、肌のバリア機能が低下してしまうことになります。そのような状態で脱毛マシンの光を肌に当てるのは非常に危険と言われており、肌トラブルが起こりやすいとされています。そのためフェイス脱毛を受ける前後2週間くらいはピーリングは控えた方が良いでしょう。

岩盤浴やサウナはフェイス脱毛の前日までは問題ないのですが、施術を受けたら1週間くらい控えた方が無難です。入浴は短時間なら当日でも問題ないのですが、湯船に浸かるのではなくシャワー程度で済ませた方が良いでしょう。

長時間入浴すると施術箇所に赤みが出たり、炎症が起こってしまうことがあります。フェイス脱毛を受けた後は肌が軽い火傷状態になっているため、できるだけ外部から熱を与えないようにしましょう。

また、フェイス脱毛を受けて1週間くらいは激しい運動を控えることもポイントです。運動をしたい場合はストレッチや軽いウォーキング程度にしておくのがおすすめです。ちなみに、フェイス脱毛ではムダ毛の黒い色素に反応する光を使っています。施術中に毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと効果が出なくなってしまうので注意しましょう。

また、洗顔の時に強く肌を擦ってしまうことも良くありません。肌への刺激を抑えるために優しく洗うようにしましょう。他にもフェイス脱毛を受けた時はきちんと保湿ケアを行うことが大切です。

保湿ケアを行うことで肌トラブルのリスクを軽減することができますし、綺麗な肌を手に入れることに繋がるでしょう。

サロンやクリニックはどう選べば良い?

顔のムダ毛を効率よく無くしたいという場合、フェイス脱毛を受けるのがおすすめです。フェイス脱毛はエステサロンやクリニックで受けることができますが、その選び方について知っておくと良いでしょう。

エステサロンでは光脱毛が主流となっており、クリニックでは医療レーザー脱毛が行われています。どちらの脱毛方法も仕組みは同じなのですが、クリニックの医療レーザー脱毛の方が出力が高いという特徴があります。そのためクリニックのフェイス脱毛の方が短期間で完了するということです。

また、医療レーザー脱毛は永久脱毛と言われており、一度施術を受けたら二度とムダ毛が生えてくることはありません。1回の施術ごとに確実にムダ毛を減らすことができますし、6回程度の施術でほとんどムダ毛が無くなります。フェイス脱毛は他の部分よりも回数が多くなりますが、10回程度の施術で完了することがほとんどです。

しかし、医療レーザー脱毛によるフェイス脱毛は痛みが強いというデメリットもあります。火傷などのリスクも高いですし、肌が弱い人にはあまり向いていないと言えるでしょう。

また、医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛と比べて料金も高くなります。エステサロンの光脱毛は医療レーザー脱毛よりも肌トラブルのリスクが低く、痛みが少ないというメリットが挙げられます。肌が弱い人でも安心して施術を受けることができるでしょう。

また、光脱毛には美肌効果も期待できるとされています。

光で肌の奥のコラーゲンが活性化されることにより、肌のハリや潤いを作り出すことができるでしょう。光脱毛のデメリットは完了までにかかる回数が多くなってしまうということです。

効果の出方には個人差もありますが、フェイス脱毛の場合は18回以上が目安となっています。そのため短期間で効果を実感するために医療レーザー脱毛によるフェイス脱毛を受けたいという人もいるかもしれません。

確かに医療レーザー脱毛なら短期間でも効果を実感しやすいのですが、リスクも大きいので注意しましょう。時間はっかかっても光脱毛によるフェイス脱毛の方が安心感があります。