永久脱毛

産毛もキレイにしたい人は必見!効果的な産毛脱毛の方法はどれ!?


手足や足に生えているムダ毛は肌を露出する機会が増える夏場はもちろん、秋や冬もスカートを着用したり、腕まくりをすることで目立ちやすいという特徴があります。そのため、毎日カミソリでシェービングを行ったり、毛抜きや除毛クリームを使って処理するという女性も少なくありません。

ムダ毛がない肌はスベスベとして綺麗ですが、ムダ毛の自己処理を繰り返していると肌に大きな負担がかかってしまいます。さらに、ムダ毛の自己処理は間違った方法やアフターケア不足にもなりやすいので、注意が必要です。

間違ったムダ毛の処理を続けているとカミソリ負けが定着してしまったり、肌の黒ずみや埋没毛になることもあるので、それを避けるケアをするように心がけましょう。気になるムダ毛を綺麗にしつつ、肌トラブルを防ぐためには、脱毛専門の施設でケアするのが1番です。

脱毛ができる施設には美容クリニックや美容皮膚科、エステサロンなどがありますが、どの施設もムダ毛や美容に詳しいスタッフが最新の脱毛マシンで施術を進めていくので、トラブルが起きにくいという魅力があります。

さらに、これらの脱毛施設では、自分ではケアが難しい背中やえりあし、VIOラインや顔脱毛も行えるのが大きなポイントです。特に顔に生えている産毛を綺麗にすることは、女性にとって多くのメリットを得ることができるから、おすすめです。

顔の産毛脱毛にチャレンジしたいと思ったら、まずは脱毛施術の種類をチェックすることが大切になってきます。脱毛施術には美容クリニックや美容皮膚科などで受けることができるレーザー脱毛と、エステサロンなどで受けることができるフラッシュ脱毛があり、それぞれメリットとデメリットが大きく違ってくるからです。

一般的にレーザー脱毛はムダ毛への効果が高く、短い施術期間で脱毛を終わらせることが期待できます。ですが、その分痛みが強く、肌にかかる刺激も大きくなる傾向があります。それに対して、フラッシュ脱毛は脱毛効果が抑えられている分、痛みが少ないというメリットがあります。

どちらの脱毛方法が自分の産毛ケアにあっているのか、じっくりと検討することが重要です。

油断しがちな”産毛”

手足や両わき、VIOラインに生えているムダ毛と比べると、顔の産毛はあまり目立たないため、ケアがおろそかになってしまいがちです。ですが、適切な方法で産毛処理をしないと肌がヒリヒリと痛くなるだけではなく、腫れや赤みが長引くことが考えられます。

これが定着してしまうと、少しの刺激でも肌が反応を示す敏感肌になる可能性があるので気を付けましょう。

さらに、産毛処理後のアフターケアが不足すると、肌が乾燥しやすくなってしまいます。これにより、皮膚がゴワゴワと固くなったり、シミなどの黒ずみへと悪化することもあるので注意しましょう。

顔の産毛ケアを自分で行う場合、カミソリや電気シェーバーを使って剃るという人が多くいます。

シェービングはケアにかかる費用がリーズナブルなうえに、ムダ毛に気づいた時にすぐに処理できるというメリットがあります。

さらに、夜中や朝方など自分の好きなタイミングですることができるので、勉強が仕事が忙しい人や、育児中でエステサロンや美容クリニックに通いにくいという人にも愛用者が多くいます。

産毛をシェービングでケアする場合、手足などの部位と比較するとムダ毛が細いため、しっかりと処理ができるいるのか分かりにくいというデメリットがあります。そのため、何度も何度も肌に刃をあてることに繋がり、必要以上のダメージが肌にかかることが考えられます。

入浴のついでにシェービングを行う人もいますが、これにも注意が必要です。カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃ると、肌の表面には小さな傷が多数できてしまいます。

このように切り傷の多い状態で湯船に漬かったり、そのお湯を使用すると、漂っている雑菌が皮膚の中へと侵入する恐れがあるからです。特に顔は、皮膚が非常にデリケートな部分であると同時に、肌トラブルが起きると人目につきやすいという特徴があります。

ですので、産毛は細くて目立ちにくいからといって適当に処理するのではなく、美容クリニックやエステサロンで、しっかりとケアしておくのがおすすめです。

産毛があるとないとでかなり変わる!

顔の産毛をケアすれば、得られる効果がたくさんあります。そのうちの1つに、肌色が明るくなるというのがあげられます。

顔に生えているムダ毛は非常に細くて目立ちにくいものの、色を黒くするメラニン色素という成分が含まれているため、処理をしていないと通常よりも肌色が暗くくすんで見えてしまいます。

ですが、産毛を取り除けば肌色がワントーン明るくなるので、肌の透明感をアップさせることも期待できます。

顔の産毛をケアすれば、化粧水や美容液、パックに含まれている美容成分の浸透を高めることも可能です。これらのスキンケアアイテムにはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタエキスなどの美容成分が多く配合されていますが、産毛がある状態で使用すると、美容成分が産毛に付着することになります。

その結果、有効な成分が肌に届く量が少なくなることが考えられます。これを防ぐためには、産毛ケアをしっかりと行うことが大切です。

朝、綺麗にメイクを仕上げたものの、昼間になるころにはグチャグチャに崩れてしまうという人も、産毛ケアをチェックしてみましょう。産毛がある状態で化粧下地やファンデーションを使用しても、肌にしっかりと定着させることが難しいため、メイクが崩れやすくなるからです。

産毛がない状態でメイクを行えば、メイクのもちが良くなるので、メイク用品にかかる費用を抑えることも期待できます。産毛そのものは目立ちにくいものの、顔脱毛を行えば、見た目の印象を大きく変えることが可能です。

さらに、快適に顔脱毛を進めるためには、自分にピッタリの脱毛施術を選ぶことが重要です。レーザー脱毛は脱毛効果が非常に高いため、永久脱毛に近い効果を期待することができます。さらに、少ない施術回数で脱毛を終わらせることができるのも魅力です。

脱毛完了までの回数は個人差がありますが、5回から10回ほどが目安になってくるので、それを意識して脱毛計画を進めるようにしましょう。

一方のフラッシュ脱毛は、施術時の痛みが少ないというメリットがあります。顔の産毛脱毛は痛みを感じやすい部位なので、それが心配だという人はフラッシュ脱毛を選ぶのがおすすめです。

産毛の脱毛は意外と大変!?

顔の産毛脱毛にチャレンジしてみたいと思ったら、気を付けなくてはいけないポイントがいくつかあります。その中でも特に重要なのが、毎日のスキンケアです。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えるのが一般的です。このメラニン色素はムダ毛を黒くする成分ですが、同時に、肌を黒くする成分でもあります。紫外線を受けて肌が黒くなるのは、肌の中のメラニン色素の量が多くなるからです。

この状態で脱毛施術を受けると、産毛だけではなく肌にもダメージを与えてしまう可能性があります。その結果、通常時よりも肌の腫れや赤み、痛みが強くなる恐れがあるので、日焼けをしないように紫外線対策をすることが大切です。

日焼け止めや日傘を使ったり、アルブチンやビタミンC誘導体、プラセンタエキスなど美白効果の高い成分配合のスキンケアアイテムを活用するように心がけましょう。

これと同時に、乾燥肌対策をすることも重要です。肌は乾燥していると、普段よりも外からの刺激を強く感じてしまいます。これは脱毛施術による刺激も同様で、顔がカサカサに乾燥していると、脱毛施術の痛みが強まる恐れがあります。

敏感肌や乾燥肌の人は普段より丁寧にケアを進めることに加え、肌が乾燥しやすい秋や冬に施術を避けるなどの工夫が大切になってきます。

VIOラインの脱毛は生理時には行えませんが、顔や背中、えりあしなどの産毛の処理も生理時にできないところが多くなっています。これは、生理による女性ホルモンのバランスの変化が理由です。この状態で脱毛施術を行うと、通常時では平気なケアも肌に異常を起こすことが考えられるからです。

そのため、生理の影響が直接関連するVIOラインのほかに、手足や顔の脱毛もできなくなるので、注意して予約を入れるようにしましょう。

このホルモンバランスの変化は、妊娠時や授乳時も同様です。ですので、脱毛施術を契約中に妊娠をすると、脱毛を中断する必要があります。もし、妊娠や出産の予定がある場合は、出産後、体調が落ち着いてから脱毛にチャレンジするようにしましょう。

効果のある産毛脱毛はどれ?

どのように産毛を処理していきたいかは、ムダ毛の状態や肌質、脱毛終了までの期間や費用などにより大きく変わってきます。ですので、自分に効果的な産毛脱毛方法は、どのポイントを重視するかによって選ぶようにしてみましょう。

脱毛施術時の痛みを軽くしてケアしたいという人は、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛でケアするのがおすすめです。フラッシュ脱毛の中でも、SSC方式やSHR方式の脱毛マシンは、肌にかかる負担が少ないうえに、痛みが軽いという特徴があります。

SSC方式の脱毛マシンは、肌に専用のジェルを塗ってからフラッシュ照射をおこないます。この専用ジェルにはジェルビーンズという成分が配合されていて、ムダ毛の成長を抑える効果があります。その成分を毛穴から奥へと浸透させ、脱毛を進めていくので、施術時の痛みがほとんどないというメリットがあります。

さらにSSC方式の脱毛はメラニン色素の少ない産毛も、しっかりと脱毛できるのが魅力です。SHR方式の脱毛マシンは、ムダ毛の毛根ではなくムダ毛周辺の組織に作用するのが特徴です。

そのため、ムダ毛がない状態でも施術を進めることができるので、2週間に1回や1か月に1回など、早いペースで脱毛を進めることが可能です。これにより、痛みが少ないうえに、短期間で脱毛を終わらせることが期待できます。

レーザー脱毛マシンの1つであるアレキサンドライトレーザーは、波長が短いという特徴があります。これにより、ムダ毛に含まれているメラニン色素だけではなく、肌の表面のメラニン色素にも反応させることができます。そ

の結果、肌の表面のシミやそばかす、ニキビ跡などの黒ずみを薄くすることができるので、美白効果も得られるのが大きな魅力です。

反対に、YAGレーザーという脱毛マシンは、波長が長いという特徴があります。これにより、レーザーの影響が肌に出にくいので、日焼けの色が濃い人も脱毛にチャレンジしやすいというメリットがあります。

他の店舗や脱毛マシンでは施術ができないものの、YAGレーザーなら施術ができる場合があるので、日焼けの色が濃いという人は、検討してみるのもおすすめです。

産毛を脱毛する際の注意点

産毛をはじめ、手足や両わき、VIOラインを脱毛したいと思ったら、気を付けたいポイントがあります。これを把握し守ることで、快適に脱毛を進めることが期待できます。

多くのエステサロンや美容クリニックでは、ムダ毛を短く処理した状態で脱毛施術を進めます。これは、脱毛に使用するレーザーやフラッシュがメラニン色素に反応することが理由で、肌に照射しても毛穴の奥深くの毛根に作用させることができるからです。

万が一、ムダ毛が長い状態で脱毛施術を行うと、肌にレーザーとフラッシュが正確に当てることができないうえに、多くのメラニン色素に反応して、刺激が強くなることが考えられるので注意しましょう。

ムダ毛を短くケアするタイミングは、脱毛施術を行う前日までがおすすめです。前日にカミソリや電気シェーバーで処理することで、ムダ毛を短くすることができる上に、肌が受けたダメージをある程度回復させることができるからです。

脱毛前のムダ毛のケアでは、毛抜きや家庭用脱毛器を使わないようにすることも、大切なポイントです。これらのムダ毛の自己処理は、ムダ毛を毛根から取り除いてしまうことになるからです。ムダ毛の毛根がない状態で脱毛施術を行っても、きちんと脱毛効果は得られないので気を付けましょう。

産毛脱毛の前後は、体温を上げないようにすることも重要です。私達の肌は、体温が上がって暑くなると、外からの刺激に過剰に反応するという特徴があるからです。体温が上がる行動には激しい運動や入浴、飲酒などがありますが、食事によっても体が温まるので注意が必要です。これらの行動は脱毛施術の直前はもちろん、脱毛を終えた数時間後も避けるようにしましょう。

産毛脱毛は、1回や2回の施術回数では終わりません。定期的に何度も脱毛施術を行う必要があるので、アクセスの良い店舗を選ぶことも脱毛の快適さに繋がります。

アクセスの良い店舗は交通の便がいいだけではなく、営業時間や日曜、祝日の営業の有無も関連してくるので、これをチェックしてから脱毛を契約するようにしましょう。